チェリーアイ 

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

チェリーアイ

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
チェリーアイ
第三眼瞼線が、赤くはれ上がって突出する病気です。さまざまな目の病気を併発することがあります。


症状
第三眼瞼腺が赤く膨張して目頭から外にとびだします。それがチェリー(さくらんぼ)のように見えるため、一般にチェリーアイとよばれます。
大きくふくれた第三眼瞼腺が目を直接刺激したり、目頭の不快感で犬が目をこすったりするため、結膜炎や角膜炎を併発することがあります。


原因
第三眼瞼と第三眼瞼腺との結合組織が先天的に欠けていたり、結合が不十分だったりすると、第三眼瞼腺が第三眼瞼の外にとびだして炎症をおこし、大きくふくれます。こうなると、それを無理に押し戻そうとしても、すぐにまたとびだしてしまいます。
ビーグル、コッカー、ペキニーズなどの犬種では、先天的な原因によって若いうちから発症することが多いようです。


診断方法
非常に特徴的な症状なので、目を見ればすぐにチェリーアイと判断できます。


治療方法
症状によっては、手術で突出した第三眼瞼腺を切除しなければいけないこともあります。切除後は二次感染をおこさないように気をつけてください。ほとんどの場合、きれいに治ります。


予防方法
日々、犬の体をチェックしてあげて、早期発見、早期治療を心がけましょう。



→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-