疥癬(かいせん)

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

疥癬(かいせん)

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
疥癬(かいせん)
皮膚にダニの一種のイヌセンコウヒゼンダニ(疥癬)が寄生しておこる皮膚病です。皮膚にフケがでて、はげしいかゆみをともなう皮膚炎をおこします。このヒゼンダニは、人間にも感染します。


症状
犬の耳のふちや顔、ひじ、ひざ、かかと、足の甲などの皮膚がかたく固まって、フケや激しいかゆみをともなう発疹がでます。進行すると、フケが厚いかさぶたをつくり、その下は、ヒゼンダニが繁殖します。
接触によって簡単に感染するため、犬を集団で飼育している家庭や犬舎などでは、一匹がかかると、全体に蔓延することがあります。
この皮膚病の犬を人間が抱いたり触ったりすると人間も感染し、腕や胸、腹などに赤く小さな発疹ができて、かゆみが生じます。また、ネコにも寄生しているヒゼンダニも犬や人に感染して、同じような皮膚症状をおこします。


原因
ヒゼンダニが寄生して、症状をおこします。


診断方法
患部の皮膚をメスやはさみなどで強くこすってかさぶたを採取し、検査用の試薬にしばらくの間ひたしてやわらかくしてから、顕微鏡で観察すると、ヒゼンダニやその卵を発見することができます。


治療方法
まず、全身の毛をかります。
これによって病気の範囲や程度を知り、治療効果をあげます。ダニを殺すための外用薬の塗布や薬浴、ダニを殺す抗生物質の内服をします。これからと並行して、かゆみをおさえる薬や、皮膚の回復をたすける薬を服用させます。
治療を開始していったん症状が軽減したようにみえても、再発するおそれがあるので、ヒゼンダニが死滅して犬の患部が完全に治るまでは、獣医師の指示どおり治療をつづける必要があります。
犬疥癬が見つかり、ほかに猫や犬を飼育している場合には、これらの動物の検査もおこなう必要があります。ヒゼンダニを駆除したあとも、動物たちの生活環境を衛生的に保つように注意します。


予防方法
動物たちの生活環境を衛生的に保つように注意します。天使の水で、犬舎や、食器、などを定期的に消毒するのも、効果的です。





→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-