狂犬病

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

狂犬病

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
狂犬病
昭和32年以降、日本では狂犬病は、発生していませんが、世界では多く発生しています。
海外でもし犬に噛まれてしまったときには、念のために、病院で検査されることをオススメします

症状
よだれを垂らし、目を血走らせ、動くものに飛び掛って噛み付こうとします。凶暴な状態が2,3日続いた後、全身の筋肉が麻痺し、1,2日で死にいたります。


原因
狂犬病ウイルスの感染によって中枢神経が侵されるためにおこります。
ウイルスは発病している動物の唾液中に含まれ、かみ傷などから体内に侵入し、感染します。


治療方法
発症すれば、ほぼ100%が死にいたる恐ろしい病気です。発病した場合は、ほかの人間や動物への感染を防ぐために犬を厳重に隔離するか、安楽死させることになります。
また、飼主など人がいぬにかまれた場合は、すぐに動物病院へ行き狂犬病鑑定を受けてください。


予防方法
ワクチンの接種によって予防できます。日本では、狂犬病予防法により、年1回予防接種を受けることが義務づけられています。
生後3ヶ月頃に第1回目のワクチン接種。以降は、1年に1回のペースで接種(4月)
畜犬登録後は、保健所より通知があり、集合会場で接種もできます。もちろん、動物病院でも接種を受けられます。



→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-