マダニ(ダニ)

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

マダニ

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
マダニ
春から夏にかけて、自然の多い環境で飼われている犬にしばしばみられるのが、マダニの寄生です。マダニは、犬の皮膚から血を吸って大きくふくれます。


症状
マダニは、木や草の葉先に生息し、犬がそこを歩いたときに犬の体に付着します。都会でも、公園や道路沿いの新しい植え込みや芝生から犬にうつることがあります。犬の被毛に付着したダニは、皮膚のやわらかいところえ口吻を差し込んで吸血します。
犬の体表にアズキ大から大豆大の光沢のある赤黒い虫が皮膚にしっかりと食い込むように付着していたら、それがマダニです。
付着して、まだ血をすっていないときには、2〜3ミリのすばやく動く小さな虫ですが、血を吸って体を大きく膨らみます。
マダニは、目のふち、耳の付け根、頬、肩、前足に寄生することが多く、ときには、足の裏にも見つかります。普通は2〜3匹の寄生ですが、ときには、1匹の犬に数十匹〜数百匹も寄生していることがあります。


原因
マダニが寄生して、症状をおこします。


診断方法
マダニは、血を吸うと大きくなるので、肉眼で見分けがつきます。


治療方法
2〜3匹の寄生であれば、ピンセットなどを使って皮膚から静かに引き抜くだけで治療は終わりです。その際、ダニが食いついている根元からとってやらないと、ダニの頭部が皮膚に残ってしまいます。
マダニに大量に寄生されている場合や、繰り返し寄生を受ける場合には、ダニ対策用の外用薬や寄生虫の感染を防ぐ薬剤、あるいは寄生虫を殺す抗生物質などを定期的に投与し、駆除と予防をおこないます。

地域によっては、マダニは、赤血球に寄生する原虫(バベシア)や人間にも感染する野兎病などの病原菌の中間宿主となります。吸血してふくれたマダニを見つけてこれを除去するときには、決してつぶさないようにし、テッシュペーパーなどでしっかり包んで処分します。


予防方法
日々、犬の体をチェックしてあげて、早期発見、早期治療を心がけましょう。
掃除は、ただ掃除するのではなく、本当の意味での掃除をしてください
サークルや、食器、おもちゃなども、除菌して、清潔な環境を整えてあげてください。
マダニ対策には、フロントラインも効果的です。





→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-