熱中症(熱射病)

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

熱中症(熱射病)

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
熱中症(熱射病)
体温が急激に上昇してしまうものです。犬は寒さに強く、暑さには弱い動物です。なぜなら、犬には、汗腺がないため、体温が上昇したとき、人間のように汗を出して体温を下げることができません。犬は口をあけて、空気を体内に入れたり、出したりすることにより、体温を調節します。
そのため、温度が高く換気のよくない場所に置かれたり、暑い日に直射日光を浴び続けたりすると、犬の体温は急激に上昇して、そのまま下がらなくなります。
このような高熱による障害を熱中症(日射病)、なかでも、ひどいものを熱射病といいます。こうなった時には、ただちに体温を下げてあげないと、死亡することがあります。
特に、パグ、ペキニーズ、ブルドッグ、シーズなどの短頭種は、暑さに弱いので、気をつけてあげてください。


症状
熱中症の初期症状は、はげしいあえぎ呼吸と、それにともなう大量のよだれです。また、直腸体温が40〜41度に上昇し、脈拍がはやくなり、口の粘膜が鮮紅色に染まります。
そのまま放置すると、血液のまじった嘔吐や下痢、痙攣を引き起こし、血圧が低下、心音も弱まり、呼吸不全になります。最後には、ショック症状をおこし、意識がうすくなる、眼球が異常な動きをみせるなどの症状をへて、ついには死にいたります。


原因
温度が高く換気のよくない場所に置かれたり、暑い日に直射日光を浴び続けたりすると、犬の体温は急激に上昇して、そのまま下がらなくなります。
このような高熱による障害を熱中症(日射病)、なかでも、ひどいものを熱射病といいます。こうなった時には、ただちに体温を下げてあげないと、死亡することがあります


診断方法
気温や湿度の高い日に、犬が急にあえぎ呼吸をはじめたり、体温が急激に上昇したり、ショック症状やひどい下血などがみられれば、すぐに熱射病と診断がつきます。


治療方法
応急処置としては、すぐに風とおしのよい場所に移すか、それができない場合には、窓をあけるなどして、換気をしてあげます。
次に水をかけたり、水をいれた浴槽につけたり、水でぬらしたタオルを体にかけたりして、体温を下げる工夫をします。口のよだれをぬぐって、呼吸しやすくしてやり、犬が水をほしがったら、どんどん飲ませてあげてください。


予防方法
暑い日は特に犬の様子を定期的にチェックして、呼吸や行動に異常がないか、気をつけてあげてください。



→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-