パルボウイルス感染症

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

パルボウイルス感染症

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
パルボウイルス感染症
腸の粘膜がひどくただれる消化器型と、急性心不全で突然死する心筋炎型がありますが、ほとんどは消火器型です。


症状
消化器型は、突然激しく嘔吐し、黄灰色や血のような悪臭のある下痢便をします。嘔吐と下痢を繰り返すために脱水症状をおこし、子犬の場合は死亡率が高くなります。心筋炎型は、生後3〜9週の子犬がかかる病気で、その兄弟も次々に発症します。


原因
感染した犬の便や嘔吐物、汚染された食器、また感染した犬に触れた人の手や衣服などから経口感染します。


治療方法
脱水症状の回復治療が中心で、輸液と栄養分の補給をおこない、また、二次的な感染予防として抗生物質を投与します。なお、治療の間は絶食させることになります。


予防方法
定期的なワクチン接種に予防します。
2種、5種、9種などの伝染病に有効な混合ワクチンがあり、多ければよいというものではないので、どれにするかは、獣医師の判断を仰いでください。
生後2ヶ月頃に1回目、生後3ヶ月頃に2回目、場合によっては、生後4ヶ月頃に3回目を接種し、それ以降は、年に1回のペースで接種します。
サークル、寝床、食器などをいつも清潔に保ってください。消毒をして、パルボウイルスが繁殖しない環境を作ることが効果的です。



→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-