流涙症(りゅうるいしょう)
ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

流涙症(りゅうるいしょう)

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
流涙症(りゅうるいしょう)
涙があるれてとまらない。つねに涙があふれる病気です。目の周囲が汚れやすいので、清潔にしておかないと結膜炎などをおこします。


症状
涙があふれて目頭を汚し、まぶたに炎症ができることがあります。涙といっしょに目やにが出て、鼻のわきが汚れ、皮膚が赤く腫れて湿疹がでることもあります。そうなると痛みやかゆみが出るので、犬は目頭をこすったりかいたりし、いっそう症状を悪化させます。


原因
涙は上まぶたの裏の涙腺でつくられ、結膜から分泌されます。涙は目の汚れを落としたり、結膜や角膜をうるおし、目頭にある穴に吸収され、涙小管を通って鼻の先の穴から出てきます。
何らかの原因によって涙の分泌が多くなったり、涙小管がつまったりすると、涙が行き場を失って目からあふれ出ることになります。
その原因はさまざまです。角膜炎や結膜炎の影響で、一時的に涙の量が増えることがあります。また、目のまわりの筋肉の収縮力が弱まって涙を吸収する力が弱くなり、それが原因でこの病気になることもあります。
原因が目ではなく、鼻にあることもあります。たとえば、鼻炎などになると涙の出てくる鼻涙点がつまることがあります。いずれにせよ、涙の排出がうまくいっていれば、涙の分泌がいくらか多くなっても、流涙症にはなりにくいようです。


診断方法
色素を結膜に点眼し、それが目から排出されるまでの時間と、鼻涙点から出てくるまでの時間をはかります。すべてが正常なら、色素は数分もたたずに鼻から出てきます。この検査によって、どこに問題があるのかおおよその診断をくだすことができます。


治療方法
目や鼻の病気が原因であれば、その治療をします。外傷や炎症が原因で涙点がつまったり位置がずれた、あるいは涙小管がつまったなどの場合には、犬に麻酔をかけて細い管を涙点や涙小管にさしこみ、洗浄します。しかし、このように洗浄をしても、完治しにくいこともあります。
流涙症の症状があらわれたら、まぶたを清潔にし、涙をまめにふきとってやります。目やにが多いようなら、獣医師から点眼薬などを処分してもらい、結膜炎などを併発しないよう気を配ります。この病気とは気長につきあうつもりでいた方がよいようです。


予防方法
日々、犬の体をチェックしてあげて、早期発見、早期治療を心がけましょう。
涙で目のまわりの毛が汚れてしまいますので、ティッシュなどで、こまめにふいてあげましょう。



→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-