タマネギ中毒

ペットの病気.com
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
   
 
ペット(犬や猫)の病気 【ペット(犬や猫)の病気 .com】
 
ペット(犬や猫)の病気 .com 紹介 【ペット(犬や猫)の病気 .com】 
リンクなど ペット(犬や猫)の病気 .com】
ペットのプロが教える! 「失敗しない!トイレのしつけ」 無料掲載中!

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ〜」 その理由は?

タマネギ中毒

 

ペット(犬や猫)の病気の百科事典 一覧へ

 
タマネギ中毒
すべての犬がタマネギ中毒になるわけではありませんが、ネギ類は与えないように注意してください。


症状
貧血や黄疸のほか、多量接種による急性中毒の場合には、1〜2日後に赤や赤褐色の尿が出て、さらに下痢や嘔吐、心臓の鼓動が早くなる、目の結膜が白っぽくなるなどの症状がでます。


原因
人が犬に与えた食事、あるいは犬がかってに食べてしまった食事の中に、タマネギなどのネギ類が入っていたことが原因になります。ネギに含まれているアリルプロピルジスルファイドが、溶血やそれに伴う貧血をおこします。
ハンバーグやすきやき、またその煮汁も多ければ中毒の原因になります。犬の体重1kgあたり、15〜20gのネギでタマネギ中毒を起こすといわれています。


治療方法
重症の場合は、輸血が必要です。家庭で食べてしまった時には、すぐに吐かせてあげてください。


予防方法
ネギ類を食べさせないように注意してあげてください。



→ペット(犬や猫)の病気の百科事典 に、戻る


 

 
 

ペットの病気 .com
〒814-0133
福岡県福岡市城南区七隈1−14−27
代表 湯浅 大介

 
初めての方へ ペットの病気.com犬の病名で調べる ペットの病気.com病気の症状別に調べる ペットの病気.com犬種別の病気を調べる ペットの病気.comトップページ ペットの病気.com
-